2021年4月 9日

よくある質問

Q:リフォーム工事の期間はどれくらいかかりますか?A:工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況により様々です。

一般的には、内装工事では約1週間、内装工事と水廻り設備の交換などで約1カ月と言われています。
間取り変更を含む全面改装となると約2カ月と言われていますが、特に住まいの快適性を改善する断熱性能を高めるリフォームを同時にする場合は、壁・床・天井の解体を伴う大規模工事となるため、通常3ヵ月以上の期間を要します。

「ハウスINハウス」は建物を壊さず断熱リフォームすることが可能です。基本プランとして、浴室・洗面・トイレ・キッチンの水廻りの設備交換工事と23.5畳相当のスペースの間取り変更リフォーム+断熱工事を最短10日で行うことも可能です。(建物の劣化状況等に応じて解体・補修工事等が必要な場合は工期が長くなります。)


Q:部分的なリフォーム工事も可能でしょうか?A:はい。「ハウスINハウス」なら部分的な内装工事や住宅設備の交換に加えて、通常は壁を壊さないとできない断熱リフォームもできます。

「ハウスINハウス」は建物の内側から断熱工事をするので、必要なお部屋だけを部分的にリフォームをすることが可能です。工事規模の大小に関わらず、まずはご相談ください。お客様に適したプランのアドバイスをさせていただきます。


Q:リフォームの相談に費用はかかるのですか?A:ご相談は無料です。専門のアドバイザーがご要望をお伺いして、お客様にとって必要で最適なリフォームをするためのアドバイスをいたします。また、簡単な現地調査やおおよその工事価格の情報提供も無料で行っています。WEBやお電話で、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら


Q:中古住宅を購入してからのリフォームを検討していますが、先行して相談可能でしょうか?A:はい。リフォームを前提として中古住宅の購入をお考えの場合も、まずはご相談ください。

ご検討されている物件を一緒に見学させていただき、リフォームをする上でのアドバイスを行う事も可能です。また、どの程度建物の調査が行えるかによりますが、ご要望に対してどこを修繕すれば新築同様の快適な住まいが実現できるのかのアドバイスもさせていただきます。


Q:建て替えかリフォームかどちらがいいのかわからないのですが、事前に相談できますか?A:はい。建て替え、リフォームにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。どちらが良いかは建物の状況やお客様のご要望、ご予算などによって変わります。

新居に暮らし始めてからかかるお金なども併せ、総合的に考えて建て替えかリフォームかを判断されることをおすすめします。「ハウスINハウス」では、お客様のご要望と納得できる資金計画を基に、最適な提案をいたします。


Q:工事中、仮住まいや引っ越しは必要ですか?A:場合によります。「ハウスINハウス」はお部屋ごとにリフォーム工事を行うことができるので、住みながらのリフォーム工事も可能です。
ただし、住みながらの工事の場合は仮住まいや引っ越し費用が不要となるかわりに、キッチンやお風呂が使用できない期間があるなどのご不便も生じます。

はじめにリフォーム工事に要する全体の日数をご説明させていただいたうえで、住みながら工事する場合と仮住まいを準備して工事をする場合とを比較して、どちらがお客様にとってよいかを提案させていただきます。
お客様のご予算やご要望と状況に応じて、もし仮住まいが必要となった場合には、仮住まいの紹介などのお手伝いもいたします。

Menu